CASIO pocket computer
PB-100の宇宙

PB入門
by しぶき

4:

まだ書いてないけど、ウルグルは炎影魔登場前に・・・。(謎

>の僅かな文でニュートラルな(自己投影しやすい)キャラ作りをされてますね。

完全に私の趣味ですね。
主人公ド~ンっていうゲームより、好きなキャラクタで勝手な背景背負いつつ
戦ったほうが面白いというのがあります。

何より、ロールプレイング・ゲームにはまっていた時期と重なっていたために
背景世界が確立していたというのもありますが。

>上2作は私のトロネコでも、思い切りパク、、参考にさせていただいております。(ということは既にバレバレですね…)

パクり歓迎、オープンソースですから。
っていうか、自分でバラしてますよね。(笑

>「放浪天使」では変数表でさりげなくゲーム観の補強をされてましたね。

本人にその意識はありませんでした。(苦笑
ただ、好戦的になるか、友好的で行くかでエンディングが決まるので、
逆に明かさないほうが良いという判断もあって説明には書いていませんでした。

>ということですが、『PB-120入門 「初めの一歩は PRINT文」』(PJ'941)とは関係があったりするのでしょうか?

ありません。
七色紀行氏発行の「らくがきノート パート1」のために書き下ろしたものです。
論より証拠で、スキャナで取り込んで再編集し、PDF化したものをアップしました。

それにしても夢幻ループというのは聞いたことがありません。どんなものなのでしょう?
あと私が見たいのは徳間のPBスペシャルですね。当時ビンボー学生だったので
立ち読みで済ませてしまったことをいまだに後悔しています。