CASIO pocket computer
PB-100の宇宙

top > 研究所 > 『PB-FootRace』Kalow

PB-100用ゲームレビュー
PB-FootRace

RUN DEG
_ _ _ _ , _ ' _ _ _ _ _ _ !
作者
Kalow
発表
BornOut 2003/01/21~

画面イメージを PB Display Image Maker のものに差し替えたらゴールライン(|)が再現できないよ…(10/10/04)

64年アイルランド~アイスマンとの熱い夏

久々にプレイしましたが、正直気が重かったのです.前回はことごとく敗北を喫しましたので.ハァァ、、

という訳で(?)景気付けにストーリーを考えてみました.


ここは闇賭博のレース場、俺は負け知らずの大物ルーキー、ファイアマン.

本名じゃぁない.

俺の熱いレーススタイルに与えられたのがファイアマンの称号さ.

おっと、おしゃべりはもう止めだ.なんせ今日の相手は無敵の俺様でもちょこっとてこずりそうな、いけ好かないクソ親父のアイスマンだ.

これまたヤツのつまらないレース運びに観客共が付けたあだ名さ.

あの野郎俺様のことを青二才とか言ってたらしい.

このレースではほえずらかかせてやるぜ!


う~~ん!燃えてきた!!shift0

さっそく YOU LOSE!

アイスマン手強い.

またもLOSE.

姿勢を整え再戦、LOSE.

今度は片手で、LOSE.

PBのこのタイプのゲームって闇雲に早押しても駄目なんだよな~、リズミカルに LOSE.

やっぱり早押し LOSE.

ここでついに中断してリストを見てしまいました.うむむ、完璧なタイミングで押せば大差をつけて勝てそう、といった設定です.

しかしLOSE.

今度は左手で、なんと中盤まで互角のレースを展開、もしやと思ったとき半/全キーを押してしまい、あえなく立往生、LOSE.

しかしまあ、だんだん慣れてきたかと思ったが、大差でLOSE.

そろそろキーが傷まないか心配になりだした俺は、ソフトタッチでLOSE.

強くたたいてもLOSE.

スタートはいいが特に後半の手の動きが悪くなるみたいだ.

LOSE、LOSE、LOSE.

そして再び右手に変えて数レース目、終盤まだ俺はアイスマンと競っている、俺が一歩抜きに出た.

しかし俺の右手はすでにスタート時の生彩を欠く.

もどかしい右手に必死で指令を送る!動け!動いてくれ!

長い、12桁が無性に長い…!!

いつしか俺は目をつむりながら連打した!

そして気がつけば、、、

YOU WIN!

PB-FOOTRACE.

感慨に浸る間もなく新たなレースの開始が告げられる.

5 4 3 ... . . .

しかし俺に新たなレースに挑む余力は残されていなかった…

関連リンク